フットサルで足首の負傷!

フットサルで足首の負傷!

こんにちは。

大阪府茨木市本町にある、祝日も営業している茨木ほんまち鍼灸接骨院です。

今回は症例を報告します。

患者さんは30代・・私です。笑

 

先日、フットサルをした時の出来事です。

全力で走りまわってフラフラでした。

そんな疲労たっぷりの中、切り返した際に「ピキッ」ときました。

ガッツリ足首を捻ったわけではなかったのですが、

なんか嫌な感じがするという感覚です。

 

フットサルが終わって歩くのがやや痛い。

家に帰ったら、治療道具は何もないのでアイシングだけ繰り返してその日は寝ました。

▶受傷2日目

翌朝、起きて立ち上がるのも歩くのもズキズキでした。

院に着いたら開院準備を済ませて即検査です。

分かりますかね?

くるぶしの下がちょっと腫れてるんです。

✖印は押して痛い所。

靭帯のど真ん中より骨際を押す方が痛かったですね。

おそらく靭帯の付着部が怪しい・・

という事で当院にはエコーがあるので確認です。

右と左でほぼ同部位を撮ったのですが白矢印の所が黒くなっています。

先程の✖印の場所とぴったりです。

付着部の炎症で腫れておりました。

【足関節内側靭帯 Ⅰ度(いちど)損傷疑い】

※次回の記事は捻挫にします

骨には異常はないと予想していましたが、エコーで改めて骨は問題ないと視認出来ました。

午前中はテーピングをして乗り切りました。

やはり固定をしたら痛みが少し下がるのが実感できます。

ただ痛みはあるので歩いた時は気になるぐらいには痛かったです。

そして昼休憩時に再確認。

くるぶしの下に変な色が出ましたね。

時間が経って内出血のようなものが出てきました。

昼はゆっくり時間があるので治療タイムです。

超音波を10分しました。

これが驚くほど痛みが落ちるんですよね。

歩いた時に「痛いな~気になるな~」が、

「ほんの少し痛みがあるぐらい」まで落ちました。

ケガの程度や個人差で落ちる幅は違いますが、患者さんでもだいたい痛みが落ちるのを感じる方が多いです。

閉院後にもう一度足首を確認。

昼より内出血が如実になりましたね。笑

でも一日立って動いていたので想定内です。

別に痛みもひどくなったりはしていません。

ただ問題が初回捻挫は固定が理想です。

一人院なのでセルフ固定になります。

ただセルフ固定はやった事はありません。

ですがそんなことも言ってられません。

物事はチャレンジです。

出来ましたね。笑

やってみるものです。

これを数日して動きを制限する事で靭帯が正しい位置で固まってもらうようにします。

そうすることで捻挫の再発率がガクッと下がります。

サポーターも悪くはありませんがサポーターは伸び縮みして固定力がやや下がるので使用順としてはこの後です。

テーピングは運動時には良いですが、痛めて間もない期間にテーピングのつけっぱは諸々問題があるため理想的とは言えません。

▶受傷3日目

朝起きるのも平気。

歩くのはやや痛みがあるがほぼ違和感レベル。

2回目の超音波、同じく10分。

これでほぼ痛いという感覚が消えました。

違和感はありますが、捻挫しているのを時々忘れていました。

ただそれでも固定は引き続きして完全に近い回復を目指します。

まとめ

以上、捻挫日記でした。

先程も少し書きましたが痛みが落ちるペースは個人差があります。

処置もケガの程度で変わります。

「捻挫が初めてなのか、どのくらいの損傷なのか」

ここを見極めた上で施術を行っていきます。

ただ今回は「初回、Ⅰ度」の捻挫を疑った内容でした。

 

いかがでしたか?

もし捻挫でお悩みでしたら、ぜひ一度当院へご相談下さい!

ブログカテゴリー

アーカイブ